トップ / 定期的に歯科で検診を

定期的に歯科で検診を

放置せずに歯科で治療

歯茎

歯茎の腫れは歯科で治療しよう

歯肉炎などで、歯茎が腫れて痛くなってしまったとき、自力で治したり放置をするのではなくしっかりと歯科で治療をしてもらうようにしましょう。いつか治るだろうと放置しておくことが一番危険です。腫れを防ぐには日頃からしっかりと正しくブラッシングをして、清潔に保つことが大切です。そしてなによりも重要なのは、定期的に歯科へ通い検診を受けることです。常日頃から自分の歯や歯茎には気を遣いながら生活を送ることが何よりも大切です。事前に予防をすることで痛みもなくきれいな歯茎を保ったまま生活することができるのです。しっかりと検診を受けるようにしましょう。

歯茎の腫れの原因について

歯茎が腫れた、という場合に考えられる原因は、細菌が増殖することによって起こる歯周病や歯の根の疾患などが考えられます。このような場合、酷くなると歯が欠損してしまう可能性も考えられるため歯科に行くことをおすすめします。放っておくと、口の中が不清潔な状態が続いてしまうと歯茎から出血や膿が出てくることが考えられます。また、腫れ方によって病気が異なるためにきちんとした病名を知り、歯の状態に合わせて歯科治療をして行くことが重要になります。しかし、どの病気でもまずは歯を正しく磨くことが大切で、定期的にクリーニングを行うことも効果的です。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科のセカンドオピニオン. All rights reserved.