トップ / 子供のころから歯科へ

子供のころから歯科へ

歯科は楽しいところ

歯茎

歯科の口臭治療は何をするのか

歯科で行われている口臭治療は、虫歯や歯周病があれば、それを治していくことが優先的に行われます。また、歯磨きがしっかり出来ていなくてプラークが発生している場合には、衛生士が専用の機器でそれを除去する治療が行われます。プラークをとるためには、定期的なメンテナンスが大切です。歯科では、歯磨きが上手く出来ていない人に対してブラッシングの指導や、食事の指導などを行うこともあります。個室治療でプライバシーを重視した治療を行っているところが多いです。

歯科で適した歯ブラシを

日本人で歯磨きをしない人はいないといわれていますが、その歯磨きが丁寧にきちんとできているかというと、案外できていない人が多いようです。そのできていない理由のひとつに歯ブラシが自分に合っていないことがあり、適していない歯ブラシを使っていると歯や歯ぐきを傷めてしまうことがあります。歯科医院の予防歯科を受診して歯や歯ぐきの点検とともに、歯の磨き方や歯ブラシの良し悪しの指導を受け、自分に合った歯ブラシで適したブラッシングの指導を受けることが望まれます。そうすることによって高齢になっても残存する歯が増えるのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科のセカンドオピニオン. All rights reserved.